サイバーセキュリティ株は復活するのか

クラウド系銘柄の株価は厳しい局面が続いていますが、今後もセキュリティ株の下落は続くのでしょうか。今まで決算の取りこぼしがなかったCrowd Strikeもガイダンスを下げ、Zscalerも決算はコンセンサスを上回ったものの株価は10%以上下落。唯一決算後上昇し…

銅価格、2021年4月以来の高騰

ここ数ヶ月低迷していた銅価格が11月は2021年4月ぶりの大幅上昇を見せました。 銅価格は通常、中国景気と連動しているため、中国のロックダウンや不動産株の暴落が足かせとなっていました。現時点でも中国のロックダウン問題は解決されておらず、北京の感染…

ハワード・マークス: マクロ経済予測を信じない投資

ハワード・マークス氏のインタビュー動画が公開されています。 重要な情報と知り得る情報という2つの基準を満たして初めて「情報は好ましい」と言える。マクロ経済予測は重要だが誰も知り得ないもので、有利な立場の人はいない。 マークス氏は自分が「知り得…

ブラックストーン運営の不動産ファンドが償還を制限

大手プライベートエクイティ投資会社のブラックストーンが手掛けるBREIT(ブラックストーンREIT)で四半期の限度額を超える償還要請に直面し、株価は一時10%安となりました。 米プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社ブラックストーンが手掛ける69…

シンガポールREITに与える金利高の影響: CapitaLand Ascendas REITとKeppel DC REITをアップグレード

現在の金利高局面を受けて、各銘柄のターゲットプライスとレイティングをCLSAがリリースしました。 アップグレード (2銘柄): CapitaLand Ascendas REIT, Keppel DC REIT ダウングレード(7銘柄): ESR-Logos REIT, Frasers Centrepoint Trust, Keppel REIT, Ma…

米中対立、半導体輸出規制の行く先は。。

米国が半導体輸出規制を発表し、大きく下げた半導体株でしたが、直近は大きく反発しボトムからは40%近く上がっています。米中対立に伴う半導体規制の影響は短期的なものではないはずですが、今後業界にどのような影響を与え続けるのでしょうか。CSIS(Center …

CapitaLand Investment Limited:シンガポールを代表する不動産企業

REITの景気耐性を見るにあたって、スポンサーの財務健全性は重要な要素となってきます。今回はシンガポールを代表するREITを複数所持するスポンサーであるCapitaLand Investmentについて見ていきたいと思います。J-REITに例えると大口スポンサーである三菱地…